医療保険の給付

医療保険では、被保険者の病気・怪我・出産・死亡などに対して保険者が給付を行います。
給付には、法律で定められた【法定給付】と、それに上積みされる形で給付される【付加給付】があります。
最近では保険者の財政状況が悪化しているため、付加給付は削減される方向になっています。

【法定給付】
法律によってその種類と要件が定められているもので、<療養の給付>と<現金給付>に区分されています。

    <療養の給付>
    療養の給付には[現物給付]と[療養費払い]があります。

      [現物給付]
      療養に必要な行為や物を給付することで、給付する行為・物としては、療養の給付、家族療養費、入院食事療養費、入院生活療養費、保険外併用療養費、訪問介護療養費があります。

      [療養費払い]
      いったん窓口で医療費を支払い、後日自分の口座に給付金が振り込まれます。
      高額療養費、はり・灸、柔道整復、マッサージ、治療用具、輸血用血液などがあります。

    <現金給付>
    現金が給付されるもので、内容としては、傷病手当金、出産手当金、出産一時金、移送費、埋葬料などがあります。


将来の安心のため、公的健康保険で足りない部分は民間医療保険で補う必要があります。まずは資料を取りよせましょう!

 

サブコンテンツ

関連サイト

生命保険を選ぶ時のポイント、必要な基本知識を紹介
生命保険選び・見直しの知識

 

将来に備えるために必要な年金の知識を紹介
知っておきたい年金の知識

 

低カロリー・減塩・タンパク調整の宅配食を紹介
食事宅配サービスで健康・栄養管理

レバレッジ金融商品

このページの先頭へ