保険料における不公平感

現行の医療保険制度には、保険料という観点から見るだけでも様々な不公平感がありますが、その原因となっている事項をあげてみます。

1.保険料設定方法が統一されてない被用者保険と国民健康保険の制度が独自の設定を設けていることによって様々な問題が生じています。
被用者保険の加入者の場合、保険料は、所得に応じた金額のうち事業所が半額を負担するために保険料がかなり軽減されています。 
これに対して、市区町村が運営する地域保険の加入者の場合、保険料は、所得と世帯の人数に応じる金額で、被用者保険の加入者のような保険料の軽減がないため、家族人数が多くなれば、それだけ重い保険料負担となります。 

2.疾病リスクに基づいた保険料の設定でない
各人の疾病リスクに基づいた保険料の設定ではないため、疾病リスクの低い人にとっては、保険料負担が重く感じられます。

3.保険料の上限の存在
国民健康保険、被用者保険ともに保険料は所得に応じて決まりますが、支払う保険料には上限があります。
高額所得者になればなるほど保険料負担が軽くなるということが不公平感を生んでいます。

保険に支払うお金


将来の安心のため、公的健康保険で足りない部分は民間医療保険で補う必要があります。まずは資料を取りよせましょう!

 

サブコンテンツ

関連サイト

生命保険を選ぶ時のポイント、必要な基本知識を紹介
生命保険選び・見直しの知識

 

将来に備えるために必要な年金の知識を紹介
知っておきたい年金の知識

 

低カロリー・減塩・タンパク調整の宅配食を紹介
食事宅配サービスで健康・栄養管理

レバレッジ金融商品

このページの先頭へ