予防接種

感染症の原因となるウィルスや細菌、または菌が生成する毒素などの力を弱めたものをワクチンと呼び、このワクチンを健康な体に注入することによって免疫を作り出し、その感染症への耐性を高めるために行うのが予防接種で、その大部分は子供のうちに行われます。

予防接種には、法律で定められた「定期予防接種」とその他の「任意予防接種」に分類されます。
原則として定期予防接種には保険が適用され、任意予防接種は全額自己負担になります。
定期予防接種の場合、自治体によっては無料になるものもあります。

定期予防接種としては、結核予防のBCG、ポリオなどがあり、毎年大流行するインフルエンザは任意予防接種になります。
インフルエンザは毎年形を変えて流行するので、毎年の予防接種が必要になります。
保険適用外なので、料金については医療機関が独自に決めていますが、平均で3000円程度となっています。


将来の安心のため、公的健康保険で足りない部分は民間医療保険で補う必要があります。まずは資料を取りよせましょう!

 

サブコンテンツ

関連サイト

生命保険を選ぶ時のポイント、必要な基本知識を紹介
生命保険選び・見直しの知識

 

将来に備えるために必要な年金の知識を紹介
知っておきたい年金の知識

 

低カロリー・減塩・タンパク調整の宅配食を紹介
食事宅配サービスで健康・栄養管理

レバレッジ金融商品

このページの先頭へ