被保険者、あるいはその家族が死亡した時、埋葬費用として葬儀にかかる費用の給付を受けることができます。
埋葬費用として支給されるのは、埋葬料、埋葬費、家族埋葬料の3種類になります。

1.埋葬料
被保険者が死亡した場合、被保険者に扶養されていた遺族で埋葬を行う者に支給されます。
被保険者によって生計を維持されていた人であれば、同一世帯である必要はなく、親族である必要もありません。

2.埋葬費
被保険者によって生計を維持されていた人がいない場合、実際に埋葬を行った人に支給されます。

3.家族埋葬料
健康保険に登録してある被扶養者が死亡した場合、被保険者に対して支給されます。

国民健康保険には、埋葬料はありませんが、被保険者が死亡した場合、葬儀を行った人に葬祭費が支給されます。

給付される金額

給付金額は加入している健康保険によって異なります。
通常、埋葬料、家族埋葬料とも5万円から15万円程度の給付額になります。
埋葬費については、埋葬料を超えない範囲で支給されます。

国民健康保険の葬祭費は、3万円から10万円程度になります。


将来の安心のため、公的健康保険で足りない部分は民間医療保険で補う必要があります。まずは資料を取りよせましょう!