高度医療・看護を行う超急性期病床の医療費

患者が重篤で危険な状態の場合、常時患者の状態を監視し、必要な処置を施すなど高度な医療・看護が必要になる他、面会を制限したりするなど非常に厳しい管理が行われますが、こうした病床を超急性期病床と呼びます。

超急性期病床は、必要な装備や配置される人員の人数が多くなるため、非常に単価が高くなる病床ですが、手術や手術に使用する薬剤を除いて、その処置のほとんどが入院料に包括されています。
救命救急入院料2の場合、必要な装備としては、救急蘇生装置、除細動器、ペースメーカー、心電図、ポータブルX線装置、呼吸循環監視装置などになります。
人員の配置としては、医師1名の他、患者2人に対して常時看護師1人という基準になっており、看護師については一般病棟の3倍以上の手厚さになります。

診療報酬の点数においては、初日から3日目までは、1日あたり1万1393点となっています。
これを金額に換算すると11万円以上にもなり、非常に高額な病床であることがわかります。

<超急性期病床の診療報酬>

1~3日 4~7日 8~14日
救命救急入院料2 11,393点 10,316点 9,046点
特定集中治療室管理料1(ICU) 13,650点 12,126点
脳卒中ケアユニット(SCU) 5,804点

入院にかかる費用


将来の安心のため、公的健康保険で足りない部分は民間医療保険で補う必要があります。まずは資料を取りよせましょう!

 

サブコンテンツ

関連サイト

生命保険を選ぶ時のポイント、必要な基本知識を紹介
生命保険選び・見直しの知識

 

将来に備えるために必要な年金の知識を紹介
知っておきたい年金の知識

 

低カロリー・減塩・タンパク調整の宅配食を紹介
食事宅配サービスで健康・栄養管理

レバレッジ金融商品

このページの先頭へ