国民医療費の現状

【国民医療費】
国民が医療サービスを受けるために支出した金額の年度ごとの総額のことをいいます。
1970年頃から急激に増加してきて、2010年度は36兆円を超える額になっています。
ここ数年、医療制度改革などにより増加の勢いはある程度抑えられてはいますが、団塊の世代の高齢化が進むにつれ、再び急増傾向に転じる懸念があります。

【国民医療費増加の人的原因】
高齢者の医療費は若い世代の数倍かかるといわれており、高齢化が進んだことがまず第一の原因といえます。
そして、働きざかりの現役世代にも生活習慣病が増加したことも原因です。
他には、以前には助けられなかった人が、医療の進歩によって、医療サービスの提供を受けながら長く生存できる例が増えたことも一因となっています。
そのこと自体はたいへん喜ばしいことなのですが、国民医療費の増加という観点から見た場合には原因のひとつとなっています。

【国民医療費増加の制度的原因】
日本の診療報酬は点数制の出来高払い方式になっています。
それぞれの医療行為にあてられた点数を積み上げていくことによって報酬が決まるため、点数を増やそうとすることが過剰な医療の提供につながっているとの指摘があります。


将来の安心のため、公的健康保険で足りない部分は民間医療保険で補う必要があります。まずは資料を取りよせましょう!

 

サブコンテンツ

関連サイト

生命保険を選ぶ時のポイント、必要な基本知識を紹介
生命保険選び・見直しの知識

 

将来に備えるために必要な年金の知識を紹介
知っておきたい年金の知識

 

低カロリー・減塩・タンパク調整の宅配食を紹介
食事宅配サービスで健康・栄養管理

レバレッジ金融商品

このページの先頭へ