一般病床(急性期病床)の医療費

一般病床急性期病床とも呼ばれ、医学的管理や看護が必要な患者が入院するための病床です。

超急性期病床に入院していた患者が重篤な状態を脱すれば一般病床に移ることになりますが、依然として手厚い医療・看護が必要と判断された場合には、超急性期病床と一般病床の中間的な位置づけとなるハイケアユニット病床に移ることになります。

ハイケアユニット病床は、ハイケアユニット入院医療管理料として診療報酬を算定できる病床で、救命救急入院料や特定集中治療室管理料を算定している病院のみ算定することができることになっています。
ハイケアユニット入院医療管理料は算定病床全体で平均在院日数21日以内としなければならない規定があり、長期入院ができないことになっています。

一般病床は、超急性期病床と比べると人的リソースが少なく設定されており、医師は入院患者16人に対して1名、看護師は患者7人から15人に対して常時1名を配置することになっています。
看護師1名の配置に対する患者数が7人の場合「7対1」と呼び、以下「10対1」「13対1」「15対1」が基準として設定されており、在院期間によってそれぞれ点数が設定されています。

入院基本料である一般病棟入院基本料の基準としては、入院診療計画や安全管理体制などが整備されていること、1病棟60床以下であること、夜勤は2名以上であることなどが規定されています。

<一般病床の診療報酬>

看護体制 基本点数 14日まで 15~30日 31~89日 病棟の
平均在院日数
7対1 1,591点 2,041点 1,783点 1,591点 18日
10対1 1,332点 1,782点 1,524点 1,332点 21日
13対1 1,121点 1,571点 1,313点 1,121点 24日
15対1 960点 1,410点 1,152点 960点 60日

入院にかかる費用


将来の安心のため、公的健康保険で足りない部分は民間医療保険で補う必要があります。まずは資料を取りよせましょう!

 

サブコンテンツ

関連サイト

生命保険を選ぶ時のポイント、必要な基本知識を紹介
生命保険選び・見直しの知識

 

将来に備えるために必要な年金の知識を紹介
知っておきたい年金の知識

 

低カロリー・減塩・タンパク調整の宅配食を紹介
食事宅配サービスで健康・栄養管理

レバレッジ金融商品

このページの先頭へ