保険が使えない診療

1.病気予防の目的で受ける診療・検査には医療保険が適用されません。
  ・健康診断・予防検査:
   診療を受けた上で医師の指示で受ける検査には保険が適用されます。
  ・予防注射

2.日常の生活に支障がなく、患者の希望で受ける診療には保険が適用されません。
  ・美容整形・歯列矯正

3.分娩や中絶はその状況や理由によって保険が提供されない場合があります。
  ・正常分娩:
   帝王切開などの異常分娩には保険が適用されます。
  ・人工妊娠中絶・避妊手術:
   母体に危険が迫った時は保険が適用され、経済的な理由によるものは適用外。

4.医療保険が適用される範囲が定められている医療サービス等
  ・先進医療による治療費
  ・個室などに入院した場合の差額ベッド代
  ・200床以上の病院における紹介状無しの初診の特別料金
  ・180日以上の入院費

医療保険

将来の安心のため、公的健康保険で足りない部分は民間医療保険で補う必要があります。保険会社の営業社員ではなく、中立な立場の経験豊富なファイナンシャルプランナーが無料で相談に応じてくれます。



もちろん、その場で加入する必要はありませんし、後日のしつこい勧誘もありませんので安心です。

 

サブコンテンツ

関連サイト

生命保険を選ぶ時のポイント、必要な基本知識を紹介
生命保険選び・見直しの知識

 

将来に備えるために必要な年金の知識を紹介
知っておきたい年金の知識

 

低カロリー・減塩・タンパク調整の宅配食を紹介
食事宅配サービスで健康・栄養管理

レバレッジ金融商品

このページの先頭へ