「医療に支払うお金」の記事一覧

DPCによる診療報酬の傾向と医療機関の経営

国民医療費は医療制度によってコントロールされています。 医療費は限られた財源であるだけでなく、介護費の増大に伴・・・

急性期病院はDPCが経営上有利

DPC(包括支払い方式)においては、「傷病名」と「診療行為」の組合せによって分類された診断群を、在院日数に応じ・・・

包括払い(DPC)方式のデメリット

包括払い方式の場合、医療機関にとっては、医療行為が少なく、その次期間が短いほど利益が上がる仕組みになっているの・・・

包括払い(DPC)方式のメリット

医療機関は、指定された基準を満たせば、自らの意思で、包括払い方式(DPC)を採用することができます。 厚生労働・・・

医療費の包括払い(DPC)方式

医療費の包括払い方式としては、DPC(診断群分類別包括評価)が一般的で、これは従来どおり出来高によって算定する・・・

医療費の出来高払い方式

「出来高払い方式」とは、診察、手術、注射、検査など、細分化された一つ一つの医療行為毎に点数を設定し、それらを合・・・

医療保険が使えない病気・怪我

医療保険が使えるのは、仕事以外の一般的な日常生活における病気や怪我の治療に限られます。 厳密にいえば、仕事中や・・・

一部負担金

【一部負担金】 一部負担金は、以前は加入する医療保険によって負担割合に違いがありましたが、2003年以降は全て・・・

サブコンテンツ

関連サイト

生命保険を選ぶ時のポイント、必要な基本知識を紹介
生命保険選び・見直しの知識

 

将来に備えるために必要な年金の知識を紹介
知っておきたい年金の知識

 

低カロリー・減塩・タンパク調整の宅配食を紹介
食事宅配サービスで健康・栄養管理

レバレッジ金融商品

このページの先頭へ